ア・ライフ・名古屋トップページ > 女性の病気塾 > 甲状腺の病気 > 甲状腺疾患と治療〜バセドウ病の手術

女性の病気塾

甲状腺疾患と治療〜バセドウ病の手術


バセドウ病の治療に手術を選択するのはどのような場合でしょう。

 

①副作用のため抗甲状腺剤が使用できない。

②長期間、抗甲状腺剤を服用しているが寛解しない。

③甲状腺機能のコントロールを早期に望む。

④バセドウ眼症がある、若年のため、アイソトープ治療が選択できない。

⑤甲状腺内に腫瘍がある。

⑥甲状腺が大きい。

 

このような方がバセドウ病の治療に手術を選択されます。

 

手術は甲状腺を小さく切り取ることで、

甲状腺ホルモンの分泌量をコントロールします。

 

他の治療法と比較して治療効果は短期間に現れ、

ほとんどの方で手術の翌日から抗甲状腺剤の服用が中止されます。

 

バセドウ病の手術治療の目的は、

甲状腺機能をコントロールすることといっても過言ではありません。

欧米諸国ではバセドウ病の再燃を防ぐため、

甲状腺全摘術が多く選択されます。

 

日本では甲状腺機能を正常に近づけることを目的に、

多くの医療機関で甲状腺を一部残す、

甲状腺亜全摘術が選択されてきました。

 

以前の亜全摘術ではバセドウ病の再燃が多くみられたため、

現在では残す甲状腺の量をより少なくする傾向にあります。

残した甲状腺が十分にホルモンを供給できない時には

甲状腺ホルモン剤(チラージンS)で補充を行います。

 

抗甲状腺剤が使用できない場合、

バセドウ病が再燃すると治療が困難となるため、

このような方には再燃を防ぐ目的でできるだけ残す甲状腺の量を

少なくします。

 

バセドウ眼症がある方、妊娠を希望される女性にはバセドウ病の

原因となる甲状腺刺激抗体(TRAb)が手術後に低下することを期待して

残す甲状腺の量を少なくします。

 

甲状腺ホルモンの過剰分泌を押さえ込む抗甲状腺剤に比較して、

足りない分を補う甲状腺ホルモン剤投与は長期にわたり安全に

甲状腺機能をコントロールできます。

 

バセドウ病の方の甲状腺は大きく、血流が豊富で、

出血しやすいという特徴があります。

首の傷、副損傷の危険性、術後出血の危険性、

甲状腺クリーゼの回避、術後の血清カルシウム値変動の知識など

甲状腺手術に熟練した外科医を必要とします。

 

手術の前には甲状腺機能が正常化していることが重要です。

抗甲状腺剤をきちんと服用していただくこと、

薬が使えない場合はヨード剤や、副腎皮質ホルモン剤、

ベータブロッカーなどを併用してより安全な手術が行えるよう備えます。

 

 

伊藤病院 外科 矢野由希子

 

 

甲状腺の検診、治療は大須診療所へ!

特集

カラダの内側から美しさを引き出す

~美容鍼~

プレマタニティヨガ

妊娠しやすいカラダづくり

ココカラ・フラ

ココロとカラダを癒すフラダンス