ア・ライフ・名古屋トップページ > 特集 > 日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

猛暑!日焼けに注意!日焼け止めの選び方

日焼けの原因「紫外線A波、B波」を防ぐ

日焼けの原因はご存じのとおり、「紫外線(UV)」です。
紫外線は、太陽から届く光の一種です。紫外線には3種類 あり、地球に届く紫外線は、紫外線Aが主で、次に多いのが紫外線Bです。紫外線Aは地上の紫外線の95%程度を占めています。

紫外線Aは、皮膚に吸収されて、肌老化の原因となる活性酸素を作るのと、日焼けのあとに肌が黒くなるメラニンをつくるメラニン色素細胞を刺激して、皮膚を黒くする働きがあります。
一方、紫外線Bは皮膚に入ると細胞の遺伝子(DNA)に直接吸収されて、遺伝子(DNA)に傷をつけるといわれています。その傷ついた細胞が増殖することで、皮膚がんの原因を作るといわれています。
普段浴びる紫外線の95%は紫外線Aですが、わずかでも混じっている紫外線Bは、量は少なくても破壊力が強く、より悪い刺激を肌に与えます。また、紫外線による皮膚への影響は未だに研究者によって意見がことなり、はっきりしていない部分もあります。

紫外線は、日焼けして黒くなることや、皮膚がんへの影響だけでなく、美容的にも悪影響があります。
乾燥がつよくなり、皮膚の老化が加速すると言われています。
ですので、適切に紫外線対策をすることと、紫外線はAもBも両方の対策するのがベストとおもわれます。
ただし、適度な日 光浴は健康には大切です。ビタミンDの形成や皮膚の殺菌に働きます。

日焼け止めとあわせて対策!

パッケージをみて、必ず目に付くのが「SPF」と「PA」という暗号。
SPFとは、簡単に言うと、紫外線Bを防ぐ防御力です。(紫外線防御係数、サンケア指数といいます。)
具体的に、SPF10の商品であれば、日焼け止めを使わない無防備の状態を基準にして、その10倍の紫外線を浴びたら、赤くなりますということ。
一方、PAは紫外線Aへの防御力を現します。PAの防御力は、+マークの数で表現され、3段階に分かれます。
PA+:効果がある  /  PA++:かなり効果がある  /  PA+++:非常に効果がある

日焼け止めを選ぶ時のポイントは値段や、成分、香りなども重要ですが目的とスキンタイプに合わせた適度なSPF値、PA値のものを選ぶことが大切です。すぐに赤くなる人は、SPF値が高いものを選ぶ必要があります。普段の生活はSPF10~SPF30ぐらいがオススメです。
夏の暑い日に長時間 外で過ごすなら、SPF30~50程度のものを使うことをおすすめします。同じ状況でも、すぐに赤くならない方はSPFは30程度あれば十分でしょう。

自分の肌との相性も大切

私は夏だけでなく、スキンケア・美肌のためには通年の日焼け止め使用をおすすめしています。それが10年先の肌老化予防につながります。
ただし、日焼け止めは日常的に自分の肌に直接塗って使うものですから、肌との相性も考えて、慎重に選ばなくてはなりません。肌への負担も考えることはとても大切です。値段だけで決めるのではなく、自分の肌にあった成分のモノを選んでくださ い。

日焼け止めには紫外線を拡散させるものと、紫外線を吸収するものと主に2種類あります。
比較的肌に負担が少ないのは、拡散させるタイプです。
本当に肌が弱いかたは、オーガニック化粧品などの日焼け止めをおすすめします。心配なかたは、肌の目立たないところに一度少量つけてみて、かゆくなったり、かぶれたりし ないか確認してからご使用を開始してください。

日焼け止めとあわせて対策!

肌の露出を控え、日 傘や帽子で紫外線をカット!

紫外線を直接受けないようにするために一番いい方法は、肌を露出しないことです。
薄手の長袖シャツを持ち歩いたり、UVカットのカーディガンをおすすめします。エアコンによる冷え対策にもなります。また、運転時のアームカバーなどは、紫外線から身を守るためのオススメアイテムです。

目を守るためにサングラスも着用

じつは、眼球も日焼けします。目を守るためサングラスの着用もおすすめします。サングラスはUVカットのある種類を選択してください。

身体の中からの日焼け対策

体内からの対策も大切です。紫外線を受けることで細胞には活性酸素が増えます。それらを抑えるためにビタミンCは有効です。
また、ビタミンCはコラーゲンの生成も助けます、日焼けの季節には積極的に 摂りたい栄養素の代表格です。
そのほか、緑黄色野菜に含むカロテン(ベータカロチン)も美肌に有効です。これらをサプリメント、野菜、果物などで積極的に摂りましょう。

ココカラウィメンズクリニック院長/産婦人科医師

女性のための癒しと医療の総合施設「ココカラウィメンズクリニック」院長。統合医療、代替医療の普及、自然派美容、食育などの観点から女性の健康とライフスタイルを支援。「NPO法人ウーマンリビング代表理事を務める。

音楽でココロと生活に癒しを

すーさんのウクレレ教室

女性のための骨盤底筋トレーニング

「ひめトレ❤ヨガ」

ココロとカラダを整える

Tai Chi & Pilates~太極拳&ピラティス~


バッチフラワーレメディー

花の持つエネルギーで、心と身体を癒す

女性であることをずっと大好きに

ホルモンバランスの整ったからだになりましょう

カンタン薬膳で食養生~薬膳スープで美味しく温活!妊娠力アップ~

秋におススメの「温活」スープをご紹介します。