ア・ライフ・名古屋トップページ > 性の悩み解決 > 性感染症 > 性感染症

性の悩み解決

性感染症

Q1.性感染症ってなんですか?

A1.性行為により感染する皮膚や粘膜を通して感染する病気のことをいいます。最近ではSTDSexually Transmitted Diseases)と呼ばれています。

 

Q2.性感染症にはどんなものがありますか?

A2.クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペス、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、エイズ、などがあります。

 

Q3.それぞれの性感染症はどんな特徴ですか?

 


 

特徴

初期症状

クラミジア感染症

女性がかかる性感染症では最も頻度が高いものです。初期症状が少ないため、気付かないうちに病気が進行し、不妊の原因になることがあります。

男性も女性もほとんど自覚症状がない。

おりものの増加、トイレが近くなる、性交後の性器出血、腹痛など。

淋菌感染症

クラミジア感染症に並んで頻度の高い性感染症です。感染を放置したまま症状が進むと淋菌が子宮から卵管まで広がり、激しい腹痛と発熱が起こり、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。

女性は自覚症状が非常に少なく気付きにくい。男性では排尿時痛などがみられます。

性器ヘルペス

一度感染すると脊髄神経節にウイルスが潜み、ストレスや風邪などで抵抗力が落ちたときに再発することがあります。妊娠中に発症すると、出産時に産道で子供に感染する恐れがあります。

性器に生じる水泡やそけい部(足のつけ根)のリンパ腺の腫れなどがあげられます。

尖圭コンジローマ

HPVの感染によるもので、女性は膣や外陰部、子宮頸部に、薄茶色や灰色のイボができます。痛みやかゆみはありません。再発しやすいので徹底的に治すことが大切です。

女性は膣や外陰部、子宮頸部に、薄茶色や灰色のイボができます。

トリコモナス膣炎

寄生虫の一種であるトリコモナス原虫が膣内に入り込むことによって感染します。まれにお風呂のイスなどでうつることもありますが、主な感染ルートは性行為です。

おりものの量が増え、においが強くなり、性器付近に強いかゆみを感じます。

エイズ

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によりおこる感染症です。感染してから発症するまでの潜伏期間が6カ月~10年以上と長いのが特徴で、発症すると免疫力が著しく低下し、健康な体ではほとんど外のない細菌やウイルスの感染などにより重症化することがあります。

他の性感染症に感染しているとHIVにも感染しやすくなります。

特徴的な初期症状はなく、軽い風邪のような症状がみられます。HIVは感染してから3ヶ月ほど経たないと、検査をしても結果が陰性と出てしまうことがあります。

 

 

 

Q3.性感染症を予防するにはどうしたらいいですか?

A3.一番確実な方法は性行為をしないことです。自分の体を守り、将来不妊などで悩まないためにも性行為をしないというのも大切な選択の一つです。

性交をする場合は①コンドームを正しく使う、②パートナーを特定する(複数のパートナーとの性交は感染する機会を増やします。)を必ず守って下さい。

最近では、AVなどの影響からのどや目からクラミジアが検出されることがあります。目に感染した場合、失明した例もあります。気をつけて下さい。

 

Q4.初めて彼氏ができました。彼氏としか性交しなければ大丈夫ですか?

Q4.初めての彼氏でも、彼氏は性交経験があるかもしれません。パートナーが一人でも安心できません。望まない妊娠予防のためにも、性感染症予防のためにもコンドームを使いましょう。

 

特集

音楽でココロと生活に癒しを

すーさんのウクレレ教室

女性のための骨盤底筋トレーニング

「ひめトレ❤ヨガ」

ココロとカラダを整える

Tai Chi & Pilates~太極拳&ピラティス~