ア・ライフ・名古屋トップページ > 妊娠に関して > 産後 > 産後のカラダFAQ

妊娠に関して

産後のカラダFAQ

産後のカラダ FAQ

Q1体重が全然戻りません

A 妊娠中に体重が増えすぎた方は、出産後に妊娠前のように体重が戻らないことが気になるかもしれませんが、産後は体力をつけること、体重ではなくて体型を整えることに意識を向けたほうが得策です。

特に授乳をする方は食事制限はNGです。しっかりと栄養バランスの良い食事を取り、ただしい姿勢や、適度な運動を心がけてみましょう。
おむつがえやおっぱいなどの赤ちゃんのお世話をする動きや家事も筋肉の動かし方や骨の向きを意識するだけで、かなりのエクササイズになりますよ。
産後は、ホルモンバランスが変化したり、関節が柔らかくなったりしているので、この時期にカラダをしっかりメンテナンスすることは、産前よりも健康に美しくなれるすばらしいチャンスになります。

 

Q2産後はいつぐらいから運動ができるのですか?
A 産後1か月間は極力ゆっくり過ごすようにしてください。家事や周りのことはひとりで抱えないで、パートナーや親やサービスなどに頼って過ごしてください。全部ひとりでがんばろうというエゴは捨ててください。
この時期に無理をすることは後々の健康に悪影響です。
1か月検診を終えて、ドクターから運動しても良いという許可が出たら運動をスタートしてください。
関節の負担になるような動きは避けてください。自分のカラダの声を聞きながら徐々に自分の気持ちのよい運動を見つけてください。
産後の精神の乱れを整えるには、マラソンや水泳などの有酸素運動が効果があるという結果がでています。

 

Q3産後ずっとセックスレスなんですが
A パートナーとコミュニケーションを取る時間をゆっくりととってください。
自分がしたい場合も、したくない場合も、自分の意思を伝えることが大切です。
セックスがしたくないということが自分の中に起こったとしたら、自分の中を見るチャンスかもしれません。
見て見ぬ振りをして過ごすということは、この時期パートナーシップを築いていかないといけない時期なので夫婦生活や家族生活に影響を及ぼします。

 

Q4気分が落ち込んだりハイになったり安定しません
A 産後は神経回路が鈍感になったり、ホルモンのバランスが乱れることで、集中したいのに集中できなかったり、リラックスしたいのにリラックスできないと感じる方が多いようです。
交感神経と副交感神経の切り替えのスイッチが上手に働かなくなっていることが原因で、産後うつにまでなる方もいらっしゃいます。
カラダを動かすことや、神経回路をスムーズにするエクササイズなどをしたり、環境の変化に上手に対応できるようなメンタルケアを受けたりすることで、随分と改善されるとおもいます。
A Life Laboでは、フィットネスの要素だけでなく、メンタルのケアも含んだ「産後ココカラコンディショニングクラス」を開催しています。ぜひご参加ください。

 

Q5産後生理が戻りません。
おっぱいをあげている間は、生理が戻らないことが多いです。
しかし、排卵がはじまっていることもあるので妊娠を望まない場合は避妊をしてください。
産後に不安定になることで、生理が来ないこともあります。ストレスを運動やカウンセリング、アロマやセルフケアでリリースしたりする方法を身につけることも、ストレスに健康を左右されなくなる有益な方法です。

 

(アドバイザー:産後ケアインストラクター 朴玲奈)

 

特集

ココカラ・フラ

ココロとカラダを癒すフラダンス

音楽でココロと生活に癒しを

すーさんのウクレレ教室

女性のための骨盤底筋トレーニング

「ひめトレ❤ヨガ」