ア・ライフ・名古屋トップページ > ココロの不調とケア > 心を癒すフラワーエッセンス > バッチフラワーレメディーは何から出来てるの?

ココロの不調とケア

バッチフラワーレメディーは何から出来てるの?


 

バッチフラワーレメディーは、

野生植物の花、葉、茎、小枝など(ロックウォーターのみ

岩清水)から作られています。

 

生前、バッチ博士が使ったコテージ(現バッチセンター)が保存されていて、同じ場所で

当時のままの製法で母液が作られています。

 

しかもエネルギーの抽出に使われる植物も、

博士が完成した当時と同じ種類が使われているのです。

 

母液の抽出法

 

「太陽法Sun Method」

     花が最も美しく咲いている良く晴れた日を選び、ガラスのボールにミネラルウォーター入れ、太陽光に当てて花が持っているエネルギー(波動)を転写します。

                                               

 

「煮沸法Boiling Method」

     鍋に花や葉がついた小枝を入れ、

          全体がひたるくらいまでミネラルウォーター

     を入れて煮出します。

 

 

バッチフラワーレメディーのうち20種類が太陽法、

18種類が煮沸法で作られています。

 

これに、同量のブランデーを加えたものを母液とし、

母液をブランデーや植物性グリセリンなどの保存液で薄めボトル詰めしたものが、

市販されているバッチフラワーレメディーです。

 

作る季節(時期)はそれぞれの花が満開になる時期。

英国では現在でもバッチフラワーレメディーが完成した1930年代と同じ方法で作り続けています。

 

 

<バッチフラワーフラワーレメディ コンサルテーション>

予約制 1時間5000円(30分2500円 区切りで延長可能)

 日時 毎月第一火曜日

場所 ココカラウィメンズクリニックカウンセリングルーム

予約方法  prunellehitomi@pr.email.ne.jp にメール

         もしくは  058-237-7616 に電話予約

※ご予約の際にアライフ名古屋をみました。とお伝えください。

 

 

 

中野仁実 (なかのひとみ)

 

1956年に生まれ、岐阜市内、お城の見える長良川近くで育つ。

大手エステサロンに勤務後、1988年にエステ プルネルをオープンする。

フェイシャル、ボディーヒーリング、アロマセラピー、モンテセラピー(ゆがみ)に 精神面の バッチフラワーレメディーのセッションを中心に

退行催眠なども取り入れています。

バッチフラワーレメディーは、心や感情のバランスを取り戻す為の自然療法です。

Dr.エドワード、バッチ財団プラクティショナーになり、たくさんの方々のセッションをしながら バッチ国際教育プログラムのプラクティショナー、

ティーチャー、トレーニング講師を3年経て、現在は岐阜県内、名古屋市内のカルチャーなどで、講師をしています。

 

  Dr.E.Bach財団 国際登録公認プラクティショナー

  JHA Past Life Therapy(退行催眠療法)認定セラピスト

  日本エステティシャン協会認定エステティシャン

  AEAエステティック業協会認定エステティシャン

  モンテセラピー協会認定店取得

 

特集

音楽でココロと生活に癒しを

すーさんのウクレレ教室

女性のための骨盤底筋トレーニング

「ひめトレ❤ヨガ」

ココロとカラダを整える

Tai Chi & Pilates~太極拳&ピラティス~